秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 地域別の秘書求人探し >> 海外の秘書求人

海外の秘書求人

海外で働きたい、海外に移住したい、さらには秘書として海外企業に勤めて海外移住のチャンスをつかみたいと考えている人も少なからずいるようです。ですが実際に海外の企業で働こうと思ったら、どうすればいいのでしょうか?

■TOEICや国際秘書検定を受けてチャンスを待つ
基本的に日本人が海外企業に就職して海外勤務を目指す場合は、自分のスキルを分かりやすくアピールする武器が必要になります。わざわざ外国人のあなたを採用するための動機になるような材料を提供しなければいけません。そう考えるとやはり資格は海外でも有効であり、手っ取り早く自分の能力をプレゼンできるツールになります。例えば、

1、 TOEIC800点以上
2、 国際秘書検定


といった資格を取得しておけば、いざ海外企業への応募をするとなったときに話がスムースに進みます。将来的に海外企業に秘書として入社して海外生活、海外勤務を実現したいと思ったら、下記の資格は最低限取得しておいてください。

1、 TOEIC800点以上
TOEICは誰でも簡単に受けられる気軽なテストでありながら、国際的に通用する資格試験になります。ご存じの方は多いと思いますが、990点を満点とし、点数の高さによって自身の英語力を国際的に証明できるようになります。

その試験で800点以上を取るとビジネス上級レベルと見なされ、外資系企業や日本企業で国際的な仕事にチャレンジができるようになります。900点以上を取得するとネイティブレベルと見なされ、海外企業でも日本の企業でも重宝されます。

2、 国際秘書検定
TOEICで最低限の言語レベルを証明したら、今度は国際秘書検定を受検してください。こちらの資格試験はTOEICほど世界的に有名な試験ではありませんが、持っているといなとではアピール度が違います。基本的に秘書は弁護士や医師のように資格を必要としないのですが、何らかの資格を持っているといないとでは当然アピール度は違ってきます。

■求人そのものはThe Japan Timesの月曜版や転職支援サイトで探す
では肝心の求人をどこで探すかといえば、The Japan Timesの月曜版に掲載される英文の求人や転職支援サイト内にある海外勤務の求人特集コーナーをチェックするといいです。特にThe Japan Timesには外資系企業を中心に秘書求人が集まっており、海外勤務・転勤の可能性に満ちた求人が豊富です。

まずはそういったインターナショナルな会社に入り込み秘書としてスキルを磨いてから、海外勤務・転勤を希望し続けてチャンスをつかんでください。


Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.