秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 秘書転職の基礎 >> 秘書の転職と志望動機・自己PR

秘書の転職と志望動機・自己PR

■秘書の転職求人は?
女性にとって憧れの職種である秘書求人は、少ないと思われがちなのですが意外と多く募集がされています。確かに一見華やかそうな世界ですが、実際の秘書の仕事というのはとても激務です。担当している上役のスケジュール管理以外にも、人としての細かい気配りが必要とされる仕事なので、心身共に疲れてしまう場面も多々あります。秘書という仕事がどのようなものなのかをしっかり把握してから、秘書への転職を決めるようにしましょう。秘書の求人は、転職サイトやハローワークなどで入手することが出来ます。給料や雇用形態も勤め先によってまちまちですので、内容をしっかり吟味すると良いでしょう。

■転職時の志望動機はどうすれば良い?
採用されるためには、秘書としての役割がしっかり理解出来ていることを伝えられる志望動機でなければなりません。『人のサポートにやりがいを感じる』は秘書の志望動機として良いとされています。秘書の仕事は個の主張ではなく、縁の下の力持ちだからです。担当している上役が仕事をしやすい環境作り、円滑に仕事をするための準備が主な仕事となるため、人のサポートが好きであることは大前提となります。『責任感が強い』『幅広く仕事をこなせる環境に身を置きたい』なども志望動機として有効です。秘書がつく人というのは、企業においての責任が重い立場の人です。その人の裏方作業を担う秘書にも、責任感がなければ到底務まりません。事務的な作業以外も秘書の仕事ですので、幅広く仕事をこなせる人、頭の回転の早い人が秘書として求められるのです。

■自己PRはどうする?
志望動機と並んで重要なのは自己PRです。秘書という仕事に求められる人間とは?を考えれば、自ずとするべき自己PRがわかります。秘書の仕事には、柔軟性や冷静な判断力が必要です。この点を踏まえて、自分の長所や経験、強みなどを明確にしておくと良いでしょう。そのための自己分析は必ず行ってください。過去の経験によって何を学び、現在に至るのか。そして、未来どのような人間になりたいのか。秘書という仕事を選ぶことで得られること。自分を採用することで企業が得られるであろうメリットを言葉で伝えなければなりません。前職の仕事での経験はもちろん、学生時代の経験なども含めると説得力が増します。秘書の仕事には、強い精神力も必要ですのでその点もPR出来ると、採用担当者の目に留まりやすいでしょう。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.