秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 秘書転職の基礎 >> 秘書の年収・給料相場

秘書の年収・給料相場

■秘書の年収と給料相場はどのくらい?
会社の社長や役員のサポート業務をする秘書は、どのくらいの年収が貰える仕事なのでしょうか。秘書と言っても、大手企業の秘書から中小企業の秘書、議員秘書など、仕事内容はさまざまで多岐にわたります。どのような秘書をするか、経験年数がどのくらいかによって変動はありますが、秘書と呼ばれる職種の平均年収は500万円となっています。秘書の年収や給料相場は、経験年数が決め手となっていることが多いです。未経験の秘書年収は250〜300万円、経験を積んだやり手の秘書年収は1000万円以上にもなると言われます。一般の事務職の給料相場と比較すると、秘書の方が高い給料を貰うことが出来る職種と言えそうです。その代わり、残業が多かったり、早朝や深夜まで仕事をしなければならなかったりすることもあります。

■秘書の年収が経験に左右されるのはなぜ?
秘書の求人が出ていても大抵の場合、経験者が優遇されます。秘書という仕事には、ビジネスマナーや知識、語学力などはもちろん、経験することで学べるさまざまなスキルが要求されるからです。仕事においての優先順位を決めて上役のスケジュールを組まなければならないため、経験がなければ仕事をスムーズに進めていくことが難しくなってしまいます。もちろん未経験者であっても秘書として勤務するのは可能ですが、最初は先輩秘書の雑務をしながら仕事を覚えていくことになります。秘書検定などを資格を取得しておくと、未経験者であっても秘書として働くには有利です。

■どのくらいで一人前扱いになる?
秘書の仕事は、一般的な仕事をこなすことにプラスで人間力が求められます。人間力とは、コミュニケーション能力や気遣いの部分です。会った人の顔と名前を覚えること、その人の好みを把握することなど、いわゆる一般的な秘書業務とは別の能力を指します。人間力が足りないがゆえに経験年数だけはあっても中々一人前の秘書として認められない人もいれば、人間力を買われて2〜3年で重役の秘書を任される人もいます。基本的な仕事内容は1年も働けば習得出来るのですが、人間力の部分は持って生まれた能力もあるので、一概に○年で一人前という基準はありません。仕事の能力と人間としての成長を認められてこそ、一人前の秘書として扱われるようになるのです。自分の仕事の能力次第でポジションも給料も変わるため、やりがいを仕事に求めている人にはぴったりな職種と言えるでしょう。


Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.