秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 秘書転職の基礎 >> 秘書で多い悩み・ストレス

秘書で多い悩み・ストレス

秘書の仕事でよく見られる悩みの最たるものは、こなさなければならない仕事の量が多いことでしょう。スケジュール管理が主な仕事というイメージもありますが、他にも電話やメールの応対や来客への対応、資料の作成をはじめとした情報収集と管理、翻訳作業などさまざまな役割が秘書には求められます。しかもそのほとんどがリアルタイムで処理しなければならないものばかり。自分の都合ではなく相手の都合で動かなければならないことが多いため、「この仕事は明日に回しても大丈夫」といったことが通用せず、必要な仕事を求められたときに迅速に対応できる能力が問われます。しかもひとつひとつの仕事にミスが許されない。量が多い仕事を高い質で処理し、しかもスピードが問われる。仕事そのものが大変なのはもちろんですが、プレッシャーが重くそれがストレスになってしまうことが多いのです。

しかも量だけでなく幅が広く、しかもタスクを同時進行させていかなければならないことも少なくありません。メールの対応とスケジュール管理、資料の作成と翻訳作業、熟練した秘書なら頭が混乱してしまうといったことはありませんが、負荷が大きくストレスや疲労となってのしかかってしまいがちです。

対人関係がもたらす緊張や苦労が多いのも秘書の特徴です。上司が面会する取引先の相手はもちろん、社内のスタッフとの調節などを通してコミュニケーション能力を発揮する機会が多くなります。基本的にはつねに自分よりも立場が上の人に配慮し、気を遣いながらのコミュニケーションになるので気苦労が多いのです。極端な話自分はしっかりと仕事をしているにも関わらず理不尽な理由で起こられてしまうこともあります。あくまでビジネスとして割り切り、あまり個人的なこととして受け取らないといったコツも必要ですが、それでも大変な思いをするものです。

そして最大の悩み、ストレスとなるのが「相手に合わせること」です。この点は先ほども少し触れましたが、秘書の仕事は担当する上司の都合・スケジュールに全面的に合わせることを前提にした仕事です。上司が休日に出勤する必要が出てくれば秘書もそれに合わせなければならなくなってきますし、出張するとなれば同行する機会も増えます。上司がやる気満々で夜遅くまで残業するとなると秘書も付き合わなければならない、といったことも少なくありません。友人や家族との約束が急な上司の予定変更で行けなくなってしまうといったことが積み重なって悩みを抱えてしまう、転職した方がいいかもしれない…と考え始めるといったケースも見られます。こうしてみても悩みが多い大変な仕事といえるでしょう。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.