秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 秘書転職の基礎 >> 秘書で多い募集時期

秘書で多い募集時期

秘書の転職市場はあまり際立った特徴はなく、とらえどころがない面もあります。仕事柄一度に大量に募集するといったことはありませんし、新年度に新卒を雇用するといったことももちろんありません。基本的に欠員が生じたときに補充のために募集することが多いため、どの時期に求人が多くなるかといった傾向が見えにくいのです。

ただやはり他の職種と同じように4月、9月には募集が多くなる傾向が見られます。ベテランの秘書が3月いっぱいで退職した、あるいは異動があって秘書のポストに空きが生じたといった理由からです。とくに規模の大きな企業では秘書も異動するほか、秘書がついていた役員が異動することで秘書も一緒に新しい職場に移るといったケースが見られます。そういった時期に欠員を埋めるため募集が行われるのです。

4月、9月に新たに募集するとなると、それよりも1〜2ヶ月前くらいに求人が出されることになります。2〜3月、7〜8月は秘書の転職市場がもっとも活発化する時期といってもよいでしょう。この時期になると極端に求人が増えるというわけではありませんが、幅広い業種、企業からの求人を見つけやすくなるのは確かです。これまでとは違う業種で働きたいと思っている方にとってもよいチャンスとなるでしょう。

ただ4月と9月では求人の内容にも若干の違いが見られます。4月の場合は若い人材や未経験者を積極的に採用する求人もあるのに対し、9月は経験者、それも即戦力として活躍できる人材を採用する傾向が強いのです。どうしても9月の場合は異動に伴う欠員の補充という面が強くなるため、入職したらすぐに穴を埋めてくれる人材を欲しがるのが理由です。4月の場合は定年退職・結婚退職で辞める秘書も多く、人事の再編なども行いつつ若い人材を採用する企業も少なくないのです。ですから秘書としての経験が浅い人、あるいは異なる業種へチャレンジしてみたいという方は4月が市場のねらい目になるでしょうし、これまでの経験を活かしつつ新天地でさらなるキャリアアップを目指す場合には9月の方がチャンスをつかみやすいともいえるでしょう。

ただ繰り返しになりますが、秘書の転職市場は極端に求人が多くなる、多くの企業が積極的に採用を行うといった時期がなく、1年中求人があるといえばありますし、数が多くないといえば多くない分野です。4月、9月採用にこだわらず転職を目指す場合には1年間を通してよい職場がないかどうか日ごろから求人をチェックしていくことが必要でしょう。急な欠員が生じたときの募集ほどよい待遇のものが多いですから、こうした突発的に出てくる募集も見逃さないようにしたいものです。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.