秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> 中国語が活きる秘書求人

中国語が活きる秘書求人

現在の中国は日本を追い抜き、経済の規模で世界第2位となりました。人口が米国よりも圧倒的に多いので、このまま成長を続けると中国が米国を追い抜き世界第1位の経済規模を誇る可能性は十分にあります。

その過渡期にある現在は中国関連のビジネスも右肩上がりに増えており、日本企業もその波に乗り遅れまいと頑張っています。その関係上、中国語のできる秘書は重宝されており、通訳や翻訳業務を含めたいろいろな仕事を現場で任せられているようです。まさにそういった中国語を生かした秘書の仕事は、どうやって探せばいいのでしょうか?

転職支援サイトを利用する
結論から先に言いますが、やはり中国語を生かせる秘書の仕事を探すなら、転職支援サイトを利用した方が絶対にいいです。既に中国語を生かした秘書の仕事に就いており、その関係でヘッドハンティングを受けている場合は別ですが、今から何のつながりもない業界に中国語を武器に秘書として潜り込もうとしても、情報そのものが限られているので仕事探しに膨大な時間と労力を取られてしまいます。

1、 どの企業のどの部門が中国へ進出しているかは把握しにくい
2、 中国人役員を探そうにも手間が掛かる


といった現状もあります。自力で秘書求人を探す方法は0ではないのですが、最初から転職支援サイトを利用してしまった方が手っ取り早いです。

1、 どの企業のどの部門が中国へ進出しているかは把握しにくい

中国語を生かした秘書の仕事をする以上、勤め先が中国と積極的に取引をしていないと話になりません。しかし、どこの企業のどの部署がどういった形で中国と取引をしているのかは、その業界構造を調べて会社をチェックし、その会社の公式サイトに入ってリクルートをチェックしなければなりません。かなりしんどいです。

業界そのものを研究する動機にはなりますが、現実問題として仕事探しで焦っている人からすれば、そのような研究に時間は割けないはずです。

2、 中国人役員を探そうにも手間が掛かる

中国人役員がいる企業なら、中国語のできる秘書を必要としている可能性が高いです。もちろんお金を払えば会社データは手に入りますし、そのデータを元に各社の中国人役員を探そうと思えば探せますが、実際に探し出したところでその会社が秘書を置いているかどうかは分かりません。

秘書を置いていたとしても、現状で募集を掛けているかどうかも分かりません。いろいろと調べたものの重要情報を取得できない可能性もあります。

転職支援サイトを利用した方が早い
以上の状況を踏まえると、最初から転職支援サイトを利用した方が早いと言えます。仮にインターネットで「中国語 秘書」と検索しても、出てくる情報は結局転職支援サイトが公開している求人情報になってしまいます。応募する際には転職支援サイトを経由しなければ駄目なので、登録も必要になってきます。

それならば最初から転職支援サイトに登録をして、中国語の生かせる秘書求人を一気に調べてもらった方が早いです。登録も利用も無料なので検討してみてください。


Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.