秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> 英語が活きる秘書求人

英語が活きる秘書求人

外国後のスキルは日本だとかなりの武器になります。基本的にどのような業態でも一緒で、外国語ができるというだけで一目を置かれる存在になれます。秘書でも状況は同じだと思われますが、実際に英語が生かせる職場探しはどうやって行えばいいのでしょうか?

外資系企業か世界進出を果たす日系企業を探す
語学を生かした秘書の仕事を探したい場合は、外資系企業のみならず、世界進出を果たしている日本の企業に応募してみるといいです。基本的にそうした企業は英語など外国語を仕事で利用する機会が多いので、秘書の業務をこなしながら外国語の力を存分に発揮で来ます。実際、

1、 外資系企業なら上司が外国人の可能性有
2、 海外進出を果たす日本企業なら海外出張への同行が数多くある


という現状があります。日常的に語学力を生かしたいなら、その手の企業に応募する必要があります。

1、 外資系企業ならリーダーが外国人の可能性有

例えば外資系企業の場合、秘書としてアシストするリーダーが外国人の場合もあります。もちろん利用する言語が英語とは限らず、フランス語、ロシア語、中国語などを母国語とするリーダーの下で働く可能性もあります。

仮に英語だけでなく、フランス語や中国語などをできる人材なら、なおさら評価は上がります。レアな言語が求められてその言語に対応が可能な場合は、秘書未経験などのハンデキャップを覆せる可能性があります。

2、 海外進出を果たす日本企業なら海外出張への同行が数多くある

外資系企業でなくても語学力が生きる可能性はあります。どんな分野でも構いませんが、エネルギー産業や商社、金融関係、ITなど国境をまたいで日常的に取引を繰り返す企業に秘書として入れば、当然その仕えるリーダーは海外出張などの機会も増えます。

そうした出張や海外支社とのミーティングに同行する際、当然語学力が発揮できます。まだまだ日本では外国語を上手に操れる人材が少ないので、英語でも何語でも語学が得意ならそのスキルをてこに、秘書の世界に潜り込めます。

外資系企業や海外進出を果たす日系企業を探すなら
外資系企業や海外進出を果たす日系企業の秘書求人を探す場合は、『リクルートエージェント』や『DODA』、『マイナビエージェント』など大手の転職支援サイトを利用すると早いです。

希望の条件や語学を生かしたい環境を伝えればその通りの職場を提示してもらえます。近々秘書として転職を果たしたいなら利用してみると便利かもしれません。


Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.