秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> 役員秘書の秘書求人

役員秘書の秘書求人

秘書のキャリアアップにおけるひとつの大きな目標が役員秘書でしょう。その企業で重要なポストについている役員についてスケジュール管理をはじめとしたさまざまな業務を担当する、役員が滞りなくビジネスを行うことができるかどうかでその会社の業績や将来にも大きな影響を及ぼすことになるだけに重要な仕事です。

そんな仕事だけに求人も少なく、しかも競争が激しいというのが転職市場における現実です。どの企業にも役員の数はそれほど多くないわけですし、役員秘書になりたい人はたくさんいるわけですから求人が出たときにはどうしても応募が殺到することになるのです。募集がかけられたかと思うとあっという間に応募が集まって締め切られるというケースも少なくないので日ごろから求人情報をこまめに収集していく姿勢がまず求められます。そしてよい求人を見つけたらすぐに応募する、情報だけでなく決断にもスピードが求められることになります。

また自分が求められる業務をこなせるスキルや経験を備えているかどうかもあらかじめ確認しておきましょう。これは面接対策や職務経歴書の作成といった自己アピールの際にも重要な点ですし、採用のチャンスがある求人をうまく選んでいく上でも欠かせません。「ダメでもともと」が通用しない面もあり、チャンスが確実にある求人だけを選びぬいた上で競争に勝ち抜くために準備と対策をしっかり行っておくことが役員秘書に転職する上でのポイントです。役員秘書に求められるスキルや知識は業種によっても異なる部分があるだけに気をつけましょう。外資系の場合は外国人の役員に付くケースもあり、語学力に自身があるなら競争率が低い環境で採用のチャンスを得ることもできるでしょう。

それから具体的にどのような環境で働くのか。具体的にはひとりの役員に専属の方で付くのか、それとも複数の役員を担当するのかを必ず確認しておきましょう。役員の人数が多い職場、あるいは規模が大きくない職場の場合はひとりの秘書が複数の役員を担当することも少なくありません。どちらが大変かは一概には言えませんが、ひとりの役員に付く場合には相性の問題が大きく左右されることが多く、合わない場合には続けられずに退職してしまう、というケースも出てきます。この点を事前に確認するのは難しいですが、どちらのタイプで働くことになるのかを知った上で自分がやりたいと思う方の求人を優先して選んでいく方が悔いなく転職できるはずです。

やりがいのある仕事だけに役員秘書への転職を目指す場合にはそのやりがいを十分に感じられる職場を見つけることができるかがカギとなるでしょう。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.