秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> 外国人付き秘書の秘書求人

外国人付き秘書の秘書求人

外国人付き秘書の求人となると語学力が重視されるのはもちろんですが、当然のことながら外国人が多く働いている業種、企業に範囲に制限されます。グローバル化が進んでいるとはいえ、秘書をつけるほどの地位に外国人が在籍している企業となるとまだまだそれほど多くないからです。

第一の選択肢としてはやはり外資ということになるでしょう。外資系が強いIT系、アパレル系、コンサルティング系、ホテル業などがまず挙げられるでしょう。また保険業や製薬業界も外資系が非常に強い業種です。こうした業種の中からどれが自分に向いているのか、よく考えたうえで求人を選んでいく必要があります。これらを見ても単に語学力が堪能なら、秘書としてのスキルに優れているなら勤まるというわけにはいかないことがわかります。それぞれの業種の専門用語はもちろん、習慣や企業理念などへの理解や適応性が必要になります。

とくに求人を見つけやすい傾向が見られるのがコンサルティング系とホテル業界です。どちらも外資が積極的に進出している面がある上、広く人材を募集する傾向があるからです。これが製薬業界などになると広く求人が公開される形で募集が行われることは少なく、すでに同じ業種で経験を積んでいる秘書を優先的に採用していくことが多いようです。そう考えるとこれまで秘書としてどのような経験を積んできたのか、外国人付き秘書の経験だけでなく、業種の経験によっても求人の探しやすさが変わってくるでしょう。

経験者が優遇されるのは致し方ない部分ですが、その経験も5年以上などかなり豊富な実績が求められることが多く、最低でも3年、できれば5年以上の実務経験があるかどうかで応募可能な求人の範囲にかなりの差が出てくるでしょう。また法律事務所や金融業の外国人付き秘書の経験はどの業種でも優遇されることが多く、重要なポイントです。

その法律事務所、金融業の外国人付き秘書の求人も閉鎖的とまではいかないものの、決して広く求人を見つけられる業種ではありません。コネや人脈も含めた幅広い情報網をうまく駆使しながら探していくことになるでしょう。こうした情報網もこれまでの秘書としての経験でどれだけ獲得しているかが問われます。

もうひとつ、海外出張が多くなるのも外国人付き秘書の大きな特徴です。その分家を留守にする機会も多くなりがちなうえに休日出勤の機会も多くなりますから、キャリアアップとライフスタイルとのバランスをうまく踏まえたうえで自分に向いた求人を選び抜いていく姿勢が問われそうです。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.