秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> ドイツ語が活きる秘書求人

ドイツ語が活きる秘書求人

語学は英語だけではありません。ドイツ語もしかりで、経済的に巨大な力を持っているEU圏最大のドイツは、日本ともビジネス上の取引が活発に行なわれています。ドイツと仕事を行なっている会社の重役は、ドイツ語のできる秘書を欲しがります。ドイツ語のできる人材はそういった人材ニーズをどこで探せばいいのでしょうか?

転職支援サイトで探す
結論から先に言えば、ドイツ語を生かした秘書の求人は転職支援サイトで探した方がいいです。仮にあなたがドイツ語の学校など母校と深いコネクションを維持し、就職課などから情報を受け取れる立場にあるのならば話は別ですが、仮にそういったコネクションがないのならば転職支援サイトで探す以外に有効な手はありません。実際、英語ならまだしもドイツ語の得意な人材を求めている企業は見付けにくいからです。

1、 ドイツ語を使って業務を行なう企業は見付けづらい
2、 役員にどれだけドイツ人がいるかは調べづらい


という現状もあります。個人の力でドイツ語堪能な秘書を求めている会社を探す作業は困難を極めますし時間も必要です。最初から転職支援サイトなどを利用してしまった方が楽だと思います。

1、 ドイツ語を使って業務を行なう企業は見付けづらい

仮にドイツの企業と取引がある会社でも、ドイツ語でなく英語でコミュニケーションを取っている可能性もあります。役員が出張でドイツに頻繁に訪れるかどうかも、外部の人間にはなかなか把握しづらい現状があります。

2、 役員にどれだけドイツ人がいるかは調べづらい

上場企業の役員ならお金を出せば名簿を調べられますが、データベースなどを使って10万人近い人材を調べる必要が出てきます。外国人役員を見つけてその国籍がドイツ人だと分かっても、その役員が所属する会社が現状で秘書を募集しているかどうかは分かりません。

お金を出して役員名簿をチェックしリストアップをしてもその企業が秘書を募集していなければ意味がありません。もちろん自分から売り込みに出る方法もありますが、そういった売込みをするには大きなエネルギーと積極性が必要になってきます。

求人を探すなら転職支援サイトがお勧め
以上の状況を踏まえると、ドイツ語を生かせる秘書求人を探すなら転職支援サイトを最初から使ってしまった方が早いです。仮にインターネットで「ドイツ語 秘書」などと検索しても、出てくる求人情報は全て転職支援サイトが出している情報です。応募するには登録が必要なので、それならば最初から登録をしてしまった方が早いです。


Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.