秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> グループ秘書の秘書求人

グループ秘書の秘書求人

複数の秘書がチームを組んで業務に当たるグループ秘書は働きやすい職場だといわれます。個人秘書ではストレスが多くて大変だった、という方がグループ秘書に転職するケースも見られます。求人も個人秘書よりも見つけやすい傾向があるため、比較的転職しやすい選択肢といえるかもしれません。ただ、グループ秘書にはグループ秘書なりの大変な部分もあり、求人探しの注意点もあるので気をつけたいところです。

まず基本としてはある程度規模の大きな企業でグループ秘書が設置されている点です。小規模の企業、あるいは社長ひとりに対してのみ秘書が必要な場合では何人もの秘書が役割を分担する必要はないわけですから、必要ないわけです。大きな企業が転職先になるのならいいじゃないか、とも思えるわけですが、そうなると業種による偏りが見られるようになります。たとえば法律事務所ではまずグループ秘書の求人はないと見てよいでしょう。貿易関連でもよほどの大きな企業でもない限り求人はごく限られてきます。これらの業種で秘書の経験を積んできた方でグループ秘書に転職しようと思った場合には未経験の業種への転職を視野に入れておかないとなかなか求人を見つけることができないでしょう。

一方で経験が少なくても採用されやすい面もあります。グループ秘書ですから、役割を分担するだけでなく先輩やその部署の責任者が経験の浅い人や新しく入ってきた人を教育、カバーするといった環境もあります。若い人材を採用してまずグループ秘書で経験を積ませるといったケースもありますし、他の業種から転職を目指す人材を積極的に採用しているところも見られます。秘書の仕事はまったく未経験の場合はなかなか難しい面もありますが、他の業種で秘書の経験がある方なら経験が浅くても採用されるチャンスがあるのです。この点もグループ秘書の大きなメリットでしょう。

またグループ秘書の部署で責任者などのポストにつくことでキャリアアップのチャンスも得られます。個人秘書は仕事が大変だから、といった理由ではなく、グループ秘書の方が自分の能力を活かせると考えた方がキャリアアップを目的に転職を目指す選択肢としても魅力的です。

ただ注意したいのは同僚と一緒に仕事をしていくことになるため人間関係の難しさが出てくる点です。とくに中途採用で入った場合には派閥などのイザコザに巻き込まれてしまうこともあります。また同僚に気兼ねして思うように休みがとれない、残業を拒否できないといった難しさも出てくるので職場の人間関係についても調べるだけ調べておきましょう。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.