秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> 残業が少ない秘書求人

残業が少ない秘書求人

秘書の仕事を探しているけれど、出来れば残業のない秘書の仕事を見つけたい、という人もいるでしょう。特に、家族のいる人や、子育てをしながら仕事をする人にとっては、子供が保育園に行っている時間内で働く必要あるので、家族の協力がない場合には、求人条件に残業なしとあることが必須となってくるでしょう。残業なしの秘書の求人にはどのようなものがあるのでしょうか。

秘書の求人を調べてみると、「残業なし」のサインが出ているものでも、詳しい詳細を見てみると、月収例に「残業10時間した場合」と書かれているものも見かけます。「残業なし」のサインがある求人でも、場合によっては多少の残業があることも予想されます。子育てをしながら秘書の仕事をしたいと考えている人は、万が一の残業に備えて、家族が保育園にお迎えに行けるように準備しておくなどの対策が必要かもしれません。

秘書の求人の中でも、正社員は多少の残業が発生してしまうこともあるようですが、派遣社員としての秘書であれば、派遣会社から掲示されている条件で働くことができるので、残業なしの条件で働くことができる可能性もあります。派遣会社を通して秘書の仕事を探す場合には、前もって派遣会社に残業ができない旨を伝えておきましょう。派遣社員であれば、残業はなく、決まった時間内での仕事をすることができる可能性が大です。

残業なしの求人は、ハローワークに足を運んで条件を絞って検索してもらうことも可能ですが、転職エージェントなどを利用して求人を探すのもひとつの手段です。また、転職エージェント以外にも、オンラインで秘書の求人を健作すると多くのものが出てきます。その中から、残業なしの条件に合う求人で、なおかつ自宅から通いやすい立地条件の求人を絞り出してみましょう。自宅からの距離だけではなく、子供を保育園に預けている場合には、保育園の近くで働くというのもひとつの手段です。職場が保育園から近ければ、保育園のお迎えの時間ぎりぎりまで働くことができるので、場合によっては多少の残業に対応することができるかもしれません。

また、収入も気になるところですが、求人の中には、収入例を紹介しているところも多くあるようです。収入例と実際の収入は多少異なることもあるようですが、どのくらいの収入になるのかといった参考にはなるでしょう。求人に「残業なし」のサインがあっても、収入例の中に「残業した場合」と書かれている場合には、求人に応募する前に確認をするのが無難です。


Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.