秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> 産休育休制度ありの秘書求人

産休育休制度ありの秘書求人

秘書の仕事は女性の担い手が多いこともあって産休育休制度がしっかり用意されている傾向が見られます。ある程度大きな規模の企業からの求人が多い仕事というのも理由のひとつでしょう。秘書だけに限らず職場そのものが産休育休に関する環境が整えられている面があるのです。その意味では求人を探しやすいといえるわけですが、場合によっては希望通りに休みが取れないケースもあるので制度があるかどうかだけでなく、その内容についてもしっかりと確認したうえで求人を比較検討していくことが大事です。

冒頭にも触れましたが、こうした制度は規模の大きな企業の方がやはり充実しています。ただ業種によっても傾向が異なっており、実績のある企業が多い業種の方がやはり充実している傾向が見られます。IT業界のようにまだ業種全体の歴史が浅い場合、企業の成長に福利厚生や待遇がまだ十分に追いついていないことも多く、「こんなに有名な企業なのにこんな基本的な制度がないなんて」と驚かされることも少なくありません。この点はそれぞれの企業ごとに違いがあるので最終的にはひとつひとつの求人をチェックして確認することになりますが、業種ごとの傾向の違いも調べておくとよいかもしれません。

また、企業全体では産休育休制度が充実していても秘書は例外、というケースも見られます。とくに社長秘書や役員秘書といった地位の高い人につく秘書の場合、スケジュールや行動パターンなどを熟知しており、その秘書がいなくなるとビジネスに支障をきたしてしまうというケースも起こりえます。引継ぎがスムーズにできればよいですが、重要な役割を担っている秘書であればるあるほど後任を見つけるのが難しく、希望したタイミング、あるいは期間の休暇をとれない可能性も出てくるのです。つまりキャリアを積んで、高く評価されている秘書であればあるほど産休育休制度を最大限に活用できないというジレンマを抱えてしまう部分があるわけです。

この辺りは難しいところですが、産休育休制度を重視して求人探しを行っていく場合にはグループ秘書の求人がオススメです。グループ秘書の場合は複数の秘書が役割を分担し、情報を共有しながら業務を行っているので引継ぎがしやすく、また一人欠けても支障が生じることなく業務を続けやすいといったメリットが得られます。その同僚の秘書との人間関係も重要なポイントとなってくる部分ですが、休みやすいという点では間違いなくよい選択肢となるはずです。

このように産休育休制度があるかどうかよりもむしろ希望する形でその休みを取れるかどうかを重視して求人探しを行っていくことが重要です。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.