秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> 翻訳業務中心の秘書求人

翻訳業務中心の秘書求人

秘書の仕事といえばスケジュール管理をはじめとした管理がまず思い浮かびますが、翻訳業務をメインに行う職場もあります。ビジネスのグローバル化の影響もあり、海外の取引先とのやりとり、さらには外資系によく見られる外国人の従業員・役員とのやりとりの際に秘書が翻訳を行うのです。現代のビジネスマンは英語力が必須といわれますが、実際に英語がペラペラな日本人ビジネスマンはごく少数、そのためもっぱら翻訳に徹する秘書が必要になる職場も多いのです。

そうした翻訳業務中心の秘書求人探しではまず外資系や海外進出を積極的に行っている企業に多く見られます。そのためある程度名前の知られたところが多いのも特徴といえるでしょう。製薬業や保険業など外資系が強い業種、貿易などもともと海外を相手にしたビジネスを行っている業種などからも求人を見つけることができます。「この会社でぜひ働きたい」と思っているような会社がある場合には公式サイトの採用情報なども日ごろからチェックしておくとよいかもしれません。

また、この手の求人では応募条件がそれほど厳しくない点も特徴として挙げられます。もちろん語学力は求められますが、翻訳がメインの仕事ということもあって冒頭に挙げたようなスケジュール管理などの一般的な秘書の経験はあまり問われない面もあるのです。まったく未経験は難しいかもしれませんが、その業種で秘書の経験がない方でも応募可能な職場はたくさんあります。また第二新卒歓迎の求人もあるので秘書の経験はあってもごく短期間に限られているという方にもチャンスがあります。

ただ当然のことながら高度な語学力と翻訳の経験は問われます。大事なのはビジネスレベルの英語力をしっかりと備えていることで、ちょっとした翻訳のミスが大きなトラブルや損失に結びつきかねないだけに正確な翻訳ができることが絶対条件になります。そして求められるビジネス英語は業種によってレベルや専門用語が異なる場合もあるので注意しましょう。

あとはエリアの問題もあります。どうしても東京、横浜、大阪といった大都市圏に求人が集中してしまうため地方に住んでいる方は選択肢がかなり狭まってしまう面が見られます。自分が住んでいる地域から通勤可能なエリアでどれだけ求人を見つけることができるのか、最初の段階からエリアを絞って探してみるとよいでしょう。

翻訳業務中心の秘書は一般事務など庶務も担当するケースも多く、一般の秘書とは少々異なる面も見られます。語学力だけでなく、総合的に判断して自分に向いているかどうかを確認しておく必要もありそうです。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.