秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 条件別の秘書求人探し >> 土日休みの秘書求人

土日休みの秘書求人

土日休みの秘書求人を見つけるのはなかなかハードルが高い面もあります。簡単に言えばキャリアアップの可能性が開けている業種ほど、そして秘書としての高いスキルを求められる企業ほど土日を休めなくなる傾向が見られるからです。ですから土日休みにこだわりたいならキャリアアップをある程度犠牲にするといった判断も必要になってくるでしょう。

どうして土日休みの秘書求人を見つけにくいのか?それは秘書を必要としている業種や役職ほど毎週確実に土日に休みを取るのが難しくなってくる面があるからです。その典型的なケースが外資系の企業でしょう。語学力が問われる一方、高収入やキャリアアップの機会にも恵まれていることで人気がある外資系の秘書ですが、その一方でグローバルな活動を行っている企業で勤務するだけに土日に出勤するケースも少なくありません。とくに役員秘書や外国人付き秘書ともなるとある程度プライベートの予定やスケジュールの管理も大事な役割となります。取引先企業の重役との会合やパーティーへの出席といった用事は土日を含めた休日に行われることも多く、当然秘書はその際にもサポートのために出勤が必要です。

まだ外国人付き秘書や外資系の企業での秘書では海外出張も多いですし、日本では土日の休日でも時差や習慣の関係で働く必要がある場合にはどうしても勤務する機会が出てきます。基本的に大企業であればあるほど土日にしっかりと休日がとれやすいといわれますが、秘書は例外的にむしろ難しくなってくる面があるわけです。

こうした点も踏まえた上で土日休みの秘書求人を探していくポイントとして、土日はあまり機能していない業種からの求人をピンポイントで狙っていく点です。たとえば銀行や証券会社といった金融業は土日には営業を行っていませんから、秘書も土日休める機会が多くなります。法律事務所なども同様のパターンでしょう。

逆に見つけにくいのはホテルをはじめとした観光・宿泊業界とIT業界です。どちらも土日に需要が多くなる業種ですから、土日にしっかり休みたいといっていては採用される機会はどうしても少なくなってしまいます。

あとは役員や社長付きのように責任が思い立場ではない、またはグループ秘書のように同僚と休日のやりくりがしやすい求人も土日休みがとれやすい選択肢として挙げられるでしょう。本格的に秘書としてキャリアを重ねていきたいならある程度休日出勤を覚悟しなければならない部分もあるだけにその辺りの判断も踏まえた上で求人を選んでいきたいところです。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.