秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 勤務先別の秘書求人探し >> 大使館の秘書求人

大使館の秘書求人

日本に居ながら外国を感じられる場所が各国の大使館です。大使館には独特の雰囲気があり、大使館が密集するエリアは日本国内でありながら異国情緒が充満しています。そういった雰囲気に憧れる人も多く、実際に大使館で秘書の仕事をしてみたいと考える人も多いです。では実際に大使館で秘書として働きたい場合は、どうすればいいのでしょうか?

The Japan Timesか各国大使館のホームページでチェックする
基本的に大使館で秘書として働きたいなら、自分で求人を探すしかありません。個人的なコネクションを持っているなら別ですが、大使館関係者とコネクションを持っている人は少ないので、自力の求人収集が必要です。

ではどうやって大使館の秘書求人を探すのか、方法は主に2つあります。The Japan Timesという日本を代表する英字新聞の求人募集欄をチェックするか、各国の大使館ホームページをチェックしてください。

その他にはまれに『リクルートエージェント』や『DODA』などの転職支援サイトにも情報が出ます。いろいろな形でアンテナを張って求人情報をゲットしてください。

The Japan Timesの場合
日本を代表する英字新聞The Japan Timesでは毎週月曜日、集中的に求人広告を掲載してくれます。当然ですが、各国の大使館では英語能力がネイティブクラスを求められます。まずは毎週月曜日、近くの大きな図書館へ出掛けてThe Japan Timesの求人広告をチェックしてください。各国の大使館から秘書求人が不定期で出てきます。基本的に各国大使館は欠員が出た場合にのみ求人広告を出すので、欠かさずチェックする必要があります。

各国ホームページの場合
特定の国に対する思い入れがあるのならば、ピンポイントで大使館のホームページをチェックし続けてもいいです。情報を取る作業は面倒ですし、毎回のチェックが報われない日の方が多いですが、長期的にチェックし続ければ必ず求人は出るので諦めずに頑張ってください。

転職支援サイトの場合
The Japan Timesが読みづらいという場合は、日本の会社が運営する転職支援サイトなどを利用しても一定の情報を把握できます。

それほど多くはありませんが、「そこそこの外国語能力+日本語ネイティブ」で大丈夫といった大使館秘書求人がまれに出ています。あまり高給は期待できませんが、語学にまだまだ不安がある人はチェックして、発見し次第こちらのルートからチャレンジしてみるといいです。

語学の問題は働きながらなんとかカバーできるかもしれません。頑張ってください。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.