秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 勤務先別の秘書求人探し >> 大企業の秘書求人

大企業の秘書求人

秘書というと大企業の重役が従えているイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか? その秘書という職業は、どのような形で募集がされているのでしょうか?

新卒枠か、既卒なら転職支援サイトなどを利用する
秘書には必須の資格試験など何もないのでどんな状況からでも応募が可能です。一部の大企業は新卒枠で秘書を募集しているので、そういった企業に応募したい場合は公式サイトのエントリーコーナーから応募するか、大学の就職課を経由して応募するといいです。

一方で既卒の場合は、転職支援サイトなどに登録をして仕事探しをした方がいいです。秘書といっても、仕事先も業態も求人数も仕事内容も全てばらばらです。事務職と兼務の秘書もあれば、大学病院の医局で部屋の掃除などに終始する仕事もあります。一流企業の重役に帯同し外国語を駆使しながら最前線に切り込む秘書もいます。同じ秘書という職業でもバラエティーが豊かなので、既卒の場合は特に転職支援サイトなどを利用して上手に仕事探しをするといいです。

新卒の場合
繰り返しますが、新卒の場合は大学の就職課経由で応募をするか、会社ホームページに掲載されているリクルートコーナーから直接エントリーをするといいです。もちろん会社説明会には参加してください。

また、秘書という求人を募集していない企業でも、事務や総務として入社した後に秘書として引っ張り上げられる可能性もあります。希望の企業に秘書課がなかったとしても、社内で秘書に抜擢される可能性もあります。就職試験では将来的に秘書になりたいという志望をアピールしてもいいかもしれません。

ちなみに秘書の場合、国会議員の政策担当秘書以外は特に資格が必要ありません。秘書検定などの資格はありますが、別になくても問題はないので新卒でもどんどん大企業に応募してみてください。

既卒の場合
大企業であっても、新卒でなく既卒で秘書を募集するケースがあります。秘書は社会経験やビジネスマナーが強く求められる職種なので、新卒以上に既卒の方が即戦力になるからです。仮に秘書未経験の人材でも、学歴があり前職までの経歴が優れていて、語学力やPCスキルに秀でていれば大企業でも秘書として中途採用してもらえます。そうした求人は各社の公式サイトに情報が出ますし、大手の転職支援サイトなどにも情報が出回ります。

特に『リクルートエージェント』や『DODA』のような大手の転職支援サイトに大手の求人情報が集まる傾向があるので、大手企業で秘書になりたい場合は、同じく大手の転職支援サイトで情報を探してみてください。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.