秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 勤務先別の秘書求人探し >> 弁護士の秘書求人

弁護士の秘書求人

弁護士の業務上、いろいろな書類作成や関係者との打ち合わせがあるので、秘書の存在が欠かせません。特に法律関係の深い知識が求められるわけではないのですが、入社後は法律関係の仕事をサポートする役割が待っています。ところでその弁護士の秘書、どうやったらなれるのでしょうか?

法律事務所に応募する
基本的に弁護士の秘書になりたければ、法律事務所が募集している秘書求人に応募するしかありません。ただし、法律事務所は日本にたくさんあり、しかもその法律事務所がばらばらで募集を掛けているので、求人の把握が容易ではありません。求人数そのものも多く、さらには待遇や業務内容もいろいろと変わってくるので、個人の情報収集能力ではなかなか希望通りの職場を探す作業が大変になります。

転職支援サイトも上手に利用してみる
法律事務所は日本全国にたくさんあります。弁護士を25名以上抱えている大きな法律事務所だけでも50以上あります。そういった大手に加えて、弁護士1人が開いている事務所まで含めると膨大な数になります。

そういった弁護士事務所から次々と秘書の求人が出ており、その求人内容もいろいろと異なっています。事務所によって得意とする案件も異なりますし、大手と小規模事務所でも仕事の内容が変わってきます。

多種多様な求人に加えて個性豊かな求人が出そろう弁護士事務所の秘書求人です。できれば転職支援サイトなどに登録して、サイトスタッフの協力の下で自分にぴったりと合った事務所を選択した方が採用後にミスマッチも防げます。

転職支援サイトは完全に無料
ちなみに『リクルートエージェント』や『DODA』などの転職支援サイトは登録料も利用料も完全に無料です。登録をすれば転職支援サイトのスタッフから面談の指導や履歴書の添削などのサービスも受けられるので合格率も高くなります。

仮にインターネットで「弁護士 秘書」などと検索しても、インターネット上に出てくる情報の大部分は転職支援サイトが公開している情報になります。そういった求人に応募する場合には、結局転職支援サイトに登録をしなければいけないので二度手間になります。最初から登録作業を行って、最高の条件で最高の求人に応募した方が早いので、今後弁護士事務所に秘書として転職・就職を考えているのならば転職支援サイトの利用も考えてみてください。憧れの弁護士とともにタッグを組んで仕事に打ち込む自分の姿を想像してみましょう。


Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.