秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 勤務先別の秘書求人探し >> 医局の秘書求人

医局の秘書求人

医療の世界にはいろいろなスタッフが集まっていますが、特に大学病院クラスの規模になると秘書も存在します。もちろん院長秘書など病院のトップに付く秘書もありますが、医局秘書といって若手の医師たちが出入りしている医局の雑用をこなすスタッフもいます。

通常そういった医局秘書は病院関係者の親族などが担当する場合が多いのですが、一般に広く募集が掛かる場合もあります。そういった医局秘書の求人はどうやって探せばいいのでしょうか?

転職支援サイトを利用する
結論からいえば、個人的なコネクションを大学病院や大学病院関係者との間に持っていないのならば、転職支援サイトなどに登録をして求人を待つしかありません。その理由は簡単で、

1、 求人が不定期にしか出ない
2、 個人では求人の情報をつかみづらい


という特徴が医局秘書の仕事にはあるからです。繰り返しますが大学病院に個人的なコネクションを持っていないのならば、転職支援サイトなど求人サービスを利用した方が手っ取り早いです

1、 求人が不定期にしか出ない

常に医局が秘書を求めているわけではありません。基本的に欠員が出たときにしか募集がかかりませんし、欠員が出ても大学病院関係者の個人的なコネクションでポストが早々に埋まっていく傾向があります。その上でまれに外部に対して医局秘書の求人が出る程度に過ぎないので、その情報の有無を個人の力で把握し続ける作業は簡単ではありません。

また、レアなだけあって求人が出れば応募が殺到します。早々に採用者が決まってしまうリスクもあるので、できれば早く応募をした方がいいです。早く応募をするためには早く情報をつかむ必要があります。早く情報をつかむには、何らかの情報源を握らなければいけません。

2、 個人では求人の情報をつかみづらい

繰り返しますが、医局秘書の求人はレアです。また、医局秘書の給与そのものが医局の予算などで捻出されているので、閉ざされた世界の閉ざされた仕事になります。そのため医療関係者が親族などに仕事をあっせんする傾向があるのです。

そういった仕事の求人のニーズを、全くの部外者が把握する作業は容易ではありません。何らかの情報源を持たなければいけません。仮に同じ出身大学の医学部に友人がおり、その友人が医局に所属しているといったつてがあればいいのですが、ない場合は何かしらの代替案を考えなければいけません。

転職支援サイトなどが一番
ではどこに情報源を持つのか、基本的には『リクルートエージェント』や『DODA』など転職支援サイトを利用した方がいいです。仮に医局秘書の欠員がなかなか埋まらない場合は、医局も『リクルートエージェント』など外部のサービスを利用せざるを得ません。まれに出る医局秘書の求人をつかみたいなら、転職支援サイトなどに登録をして、情報が出たらすぐに応募できるような体制を整えておいた方がいいです。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.