秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 勤務先別の秘書求人探し >> 議員の秘書求人

議員の秘書求人

議員の秘書は多少、仕組みが複雑です。まず公設秘書と私設秘書に別れており、国会議員なら自動的にあてがわれる公設秘書と、自分で雇用する私設秘書の両方があるのです。

さらに公設秘書も通常の秘書(第一秘書、第二秘書)に加えて、政策担当秘書が存在します。この政策担当秘書だけは特別な資格が必要なので誰でもなれるわけではありませんが、その他の秘書であれば誰でもチャンスはあります。その議員秘書、政治家の秘書として頑張ってみたいと思ったときには、どうやって応募をすればいいのでしょうか?

各政党のホームページをチェックするか、自分でコネを作る
基本的に議員の秘書になりたければ、各政党のホームページをチェックするか自分で政治家のコネを作るしかありません。それ以外に方法がないので、

1、 自民党などのホームページをチェックする
2、 選挙運動などを手伝いコネを作る


といった手が極めて現実的な議員秘書のなり方になります。家族や親族に議員がいれば秘書として採用してもらいやすいですが、そういったコネクションを持っていない場合は、下記のような方法をとってください。

1、 自民党などのホームページをチェックする

大量当選などがあった場合、秘書が不足します。経験豊富な秘書だけでは人員が足りない場合があります。そういったケースでは党そのものが外部に向けて秘書を募集するので、その波に乗るといいかもしれません。

例えば自民党のホームページをチェックすれば秘書を募集している場合があります。仮に秘書の募集があれば積極的に応募して、そのまま秘書として採用してもらえばいいのです。

2、 選挙運動などを手伝いコネを作る

その他には、政治家本人にコネを作る方法があります。最大かつ身近なチャンスは選挙運動です。自分のほれ込んだ政治家が選挙に出るとなれば、その立候補者の選挙運動を手伝えばいいのです。その選挙運動のお手伝いで活躍すれば、議員の目に留まります。仮にその立候補者が当選するようになれば、秘書として引っ張り上げてくれる可能性は大です。

コネがなくても、手っ取り早く議員の懐に潜り込む最良の方法です。立候補者が落選しても見放さずに付いていけば、その人から絶大な支持を得られます。その支持を背景に次の選挙で勝てば、秘書のポストはかなり現実的になります。簡単な道のりではないですが、頑張る価値があるかもしれません。

転職支援サイトなどにもまれに求人は出る
その他、『リクルートエージェント』や『DODA』などの転職支援サイトにもまれに求人が出ます。それほど多いわけではありませんが、念のため転職支援サイトに登録をしておいて、求人が出てきたら知らせてもらう体制を作っておくと万全です。議員秘書は就職の難易度が高そうですが、いろいろな方法があるので頑張ってください。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.