秘書求人サイトランキング

秘書求人TOP >> 勤務先別の秘書求人探し >> 中小企業の秘書求人

中小企業の秘書求人

秘書というと大企業のイメージがあります。秘書課を抱えると余分な人件費がかかるので大企業しか抱えられない部署のような気もしますが、中小企業ではどういった状況なのでしょうか? 中小企業からも秘書の求人は出ているのでしょうか?

中小企業の秘書求人も出ている
結論から先にいいますが、中小企業からも秘書求人は出ています。しかし、求人数がそれほど多くはないという現状と、企業そのものの知名度が低いため、個人では求人を発見しづらいというデメリットがあります。実際、

1、 中小企業の数は多過ぎる
2、 必ず募集をしているとは限らない
3、 秘書と事務職の兼務も多い


という現状があります。こうした背景があるなか、個人で中小企業の秘書求人を探す作業は本当に大変です。

1、 中小企業の数は多過ぎる

東証一部上場企業だけでも1000を超える数の会社があります。実際の市場は中小企業の方が圧倒的に多いので、その十倍、百倍の数の中小企業が日本には存在します。そうした企業がそれぞれに出している秘書の求人を探す作業は、個人では不可能です。

2、 必ず募集をしているとは限らない

仮にどこか特定の中小企業に狙いを定めたとしても、その会社が秘書を募集しているとは限りません。中小企業の場合は、毎年定期的に人材を採用しているとも限らず、欠員が出たら募集を出す場所もあります。そうした不定期な求人情報を常にモニタリングする作業は、就職・転職活動にはかなりのマイナスです。時間と労力が掛かります。個人の力では正直簡単ではありません。

3、 秘書と事務職の兼務も多い

秘書を専属で雇うとコストが高く付きます。中小企業の場合は何かの役割と兼務させて、人材を効果的に使いたいと思っている場所がほとんどです。表向きには事務職を募集していても、仕事の半分は社長の帯同や秘書的な仕事を求めているケースもあります。逆に秘書という募集でも、事務や経理を仕事の半分で担当させられる場合もあります。そうした会社側の本当のニーズを応募前に把握する作業は、個人の力ではなかなか簡単ではありません。

転職支援サイトを上手に利用してみる
以上の状況を踏まえると、中小企業の秘書仕事を探す場合は転職支援サイトを上手に利用した方が手っ取り早いです。別に転職支援のサービスは費用もかからないので、『リクルートエージェント』や『DODA』などを上手に利用してみてください。

秘書の求人も豊富!最新転職サイト人気ランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 株式会社リクルートエージェント 詳細




Copyright (C) 2013-2017 秘書求人サイトランキング All Rights Reserved.